「MACD」(マックディー)とは何ですか?

MACDは日本語で「移動平均収束拡散指数」

テクニカル指標が数多く存在する中で「MACD」は最も利用度の高いものの一つです。

Moving Average Convergence Divergence」の略で1979年にアメリカのジェラルド・アペルにより開発されたトレンド系指標です。

「MACD」と「シグナル」の2本線を利用して分析

MACDとシグナルの指標の求め方は下記の通りです。

MACD 短期(12日)の指数移動平均―長期(6日)指数移動平均
シグナル MACDの一定期間(9日)の指数移動平均

売り、買いのタイミングを図ることができます。

  • 買いのサイン:MACDがマイナスからプラスへ抜けた時点
  • 売りのサイン:MACDがプラスからマイナスへ抜けた時点

「移動平均線」を進化させた指標ということでトレンドを見つける為開発されました。

簡単な説明となりましたが、取引を行う際には便利な指標ですのでご留意ください!

お問い合わせ