テクニカル指標「ストキャスティクス」とは何ですか?

「売られ過ぎ・買われ過ぎ」を判断するオシレーター系の指標

ストキャスティックスは相場を判断する分析手法で「RSI」に類似し投資家に人気があります。

1950年代にチャート分析家ジョージ・レーンによって考案されました。

2本の線を使って売買のポイントを表示

ストキャスティックスは、2本の線(K%、D%)を用い明確に売買シグナルを出します

テクニカル指標「ストキャスティクス」とは何ですか?

  • 20以下なら売られ過ぎのため買う
  • 80以上なら買われ過ぎだから売る

2本線の交差点(ゴールデンクロス、デッドクロス)が売買シグナルとなります。

売買シグナルが出るため相対的に判断しやすいテクニカル指標となります。

お問い合わせ