取引で「サイコロジカルライン」とは何ですか?

投資家の心理を数値化したテクニカル指標

「サイコロジカル」とは「心理的な」を意味します。

市場では投資家が取引をする上で心理的な要因が取引にかなり影響を与えますね!

投資家心理は、価格上昇が続けば強気に、下落が続けば弱気になる傾向。

そこで売買シグナルは下記のように「逆張り」の指標が出ます。

  • 強気になれば「売り」
  • 弱気になれば「買い」

簡単に産出方法で数値化できます

一般的に12営業日の価格の値動き(値上がり率・値下がり率)で値上がりした回数を数値化します。

サイコロジカルライン 12日間の内値上がりした日÷12x100(%)

例として12営業日中に値上がりが9日あった場合、サイコロジカルラインの数値は75%

9(日)÷12(日)x100=75%

上昇率が25%以下になると売られ過ぎ、75%以上になると買われ過ぎと判断されます。

ポイント:大まかな傾向の流れをつかむのに有効。
テクニカル分析には長所・短所があるため他の指標と併用して利用しましょう

ここまででご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせ