Yadixでスキャルピング口座の取引コストをどう計算しますか?

取引コストはスプレッドと取引手数料に注目

お取引をスタートするにあたり予めチェックしたいのが取引コスト(費用)ですね。

ここでは、スプレッドと取引手数料を具体例を挙げて解説します。

スキャルピング口座の取引手数料(片道)

注文数 通貨表記 取引手数料
0.01ロット 1000通貨 0.05💲/€
0.1ロット 10,000通貨 0.5💲/€
1ロット 100,000通貨 5💲/€
1トレード(往復)には実際には2倍かかります(注文時+決済時)
例:USDJPYを1ロット買い注文を入れ(片道)、決済(片道)します:5$x2=10💲の取引手数料が発生します。

スプレッド:買値と売値の差

USD/JPY 最小0.1 平均0.3

トータルコストをチェックしよう

トータルコストは、取引手数料とスプレッドを合計します。

10ドル(1ピップス)+平均スプレッド(0.3ピッピス)

従って、USDJPYの1ロット取引では1+0.3=1.3ピッピスが合計費用になります。

*Yadixは最小スプレッドゼロからご提供のため、より費用が少なくトレードが可能となります。

如何でしたでしょうか?取引コストを計算し、今日からYADIXでトレードを開始しましょう!

口座開設はこちら